白髪染めに良くあるトラブルに気をつけましょう

白髪染め相場とコツへアクセスありがとうございます!本サイトは白髪染めシロウトのための基本的なデータが盛りだくさん♪白髪染め全体に関して納得いくまで解説します。 - 白髪染めに良くあるトラブルに気をつけましょう

白髪染めに良くあるトラブルに気をつけましょう

美容院へ行く時間がない時や、経済的に安く仕上げたい…そんな時に手軽に自宅でできる市販の白髪染めですが、気をつけないと大変なトラブルになってしまいます。
ご自分で白髪を染める前に、注意しておきたい点を確認して安全かつ、綺麗に白髪染めをしましょう!

トラブル①肌荒れ

市販の白髪染めの中には美容院などで使用されるオシャレ染めやヘアマニキュアと違い、刺激の強い溶剤を使用している事があります。
その為自分で白髪染めをする際には少し面倒に感じても、毎回必ずパッチテストを実施しましょう。

パッチテストって?

パッチテストとは、白髪染めを使用する二日前までに二の腕の内側などにあらかじめ溶剤を塗布し、かぶれないかを確認するものです。
48時間置く必要がありますので、余裕を持って実施します。
もし痒みや水泡など、溶剤にかぶれてしまった場合は皮膚科医師に相談してください。

白髪染めには様々なタイプが販売されていますが、その中でも多くのカラーがあり人気があるのがヘアカラータイプの白髪染めです。
ヘアカラータイプの白髪染めは、基本的に1剤と2剤と呼ばれる二種類の溶剤を混ぜ合わせる事で配合液を作り染色します。
この配合液を作る際に使用する1剤には、酸化染料と呼ばれる成分が入っています。酸化染料の中には刺激が強いジアミン系の成分を使用しているものもありますので肌の弱い方は気をつけましょう。

トラブル②髪の変色

美容院と自宅でのセルフによる白髪染めを併用して、髪色が緑色に染まってしまうの事が稀にあります。
これは使用する染料の違いから起こるトラブルで、一度変色してしまうと元の色に戻すのはかなり大変です。

変色の原因は?

白髪染めの染料には様々な成分が使用されています。
髪を染めると染料が髪の毛に浸透し、徐々に薄れていきますが完全になくなるまでには時間がかかります。前に使った染料が残っている状態に、別の染料を使用すると、異なった成分同士が化学反応を起こす場合があり結果望まぬ髪色に変色してしまいます。
特に美容院や、自宅で酸化染料の配合された染料で髪を染めた後にヘアトリートメントタイプを使用する際は注意が必要です。

トラブル③髪のダメージの蓄積

白髪染めには様々な種類がありますが、マニキュアタイプや、トリートメントタイプのように髪の表面を染めるものに比べて、ヘアカラータイプの染料などしっかり短時間で染まるものは髪を傷めやすくなります。
頻繁に使用する場合は合わせてヘアケアを心掛ける事で染色した髪色を退色しにくくする事も出来ます。

何故髪を痛めるの?

ヘアカラータイプのように一度髪色をブリーチし、再度色を入れる白髪染めはより綺麗に染める為、髪表面のキューティクルを開く成分の入った溶剤を使用します。
キューティクルは髪の表面を覆い中の成分が出て行かないように守る働きをしているので、キューティクルが開いたままの状態が長く続くと、パサつきや髪を痛める原因になってしまうのです。

幾つかセルフの白髪染めで起こりうるトラブルについてご紹介しました。
手軽にできるからこそ、正しい知識で使用し美しい仕上がりにしましょう!

白髪染め 相場 TOPへ

Copyright(C)2016 www.justafricanamerican.net All Rights Reserved.