白髪染め相場とコツ~おすすめのセルフ白髪染めを失敗しない方法とは?

白髪染め相場とコツへアクセスありがとうございます!本サイトは白髪染めシロウトのための基本的なデータが盛りだくさん♪白髪染め全体に関して納得いくまで解説します。 - セルフ白髪染めを失敗しないためのコツとは?

セルフ白髪染めを失敗しないためのコツとは?

白髪染めってセルフでするのは難しいと思っている方も多いと思いますが、実はコツさえ掴めば、かんたんにきれいに白髪を染めることができます。
今日はそのコツをお知らせしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

白髪染めの前に髪を清潔にしましょう

まず、白髪染めをする前には、髪をきれいにしておきましょう。
清潔にしないで、汚れがついたままの髪の毛には油分やホコリがたくさんついています。
その状態で、上から白髪染めの薬剤をいくら塗ったとしても、その部分がむらになったり、きれいに色がのらなかったりして、とてもきれいな髪の色にはなりませんよ。
ワックスやムースを使っている人も注意が必要です。しっかりきれいに汚れや余分なものを落として、すっぴんの髪の状態からスタートすることが、きれいに白髪を染めるためのコツのひとつです。
白髪染めをする日は、お風呂にはいって、地肌からきれいにし、髪もしっかり洗い流したあとに、白髪染めをするのが一番おすすめです。ぜひ注意してくださいね。

使う量をけちってはいけません。たっぷり使ってみてください!

次に市販の白髪染めの薬剤が指定している使用量を守ることもとても大切です。
セルフ白髪染めをしようとする人の中には、お金を節約したいと思う人も多いと思います。一本の薬剤で何度も何度も白髪染めをしたいともくろんでいる人もいるのではないでしょうか。
しかし、これはきれいに白髪を染めるためには、白髪染めの薬剤をけちけちつかってはいけません。せっかく手間暇かけて白髪染めをしても、けちけちしていると、その白髪染め効果が薄らいでしまいますからね。
使用量を守って、たっぷり使ってきれいに染めてあげましょう。
生え際の白髪がやっぱり一番目立ちますし、量も多いですよね。ですから、ここには特にたっぷりと白髪染め薬剤を使い、厚めに塗りましょう。

白髪染めの後の注意点とは

白髪染めをするときには、温度も重要です。あまり低い温度だと、色がきれいに入っていけません。
ですから、薬剤を塗付したあとは、寒い部屋にいてはいけません。適温の部屋で、薬剤を塗った部分を美容院でするようにラップでまいて、温度を保つことも重要です。
マリアンナプラス キラリ
美容院でカラーリングしたあとも、頭に温風をあてますよね。あんな感じをイメージして同じようにやってみましょう。
また薬剤は決められた時間をすぎても放置していてはいけません。頭皮トラブルになったり、色がはいりすぎたりしてしまう恐れもあります。

まとめ

薬剤の種類もいろいろありますが、初めての人におすすめなのが泡タイプの白髪染めです。
櫛を使わなくても、手袋をした手で直接もみこむこともできて、とてもかんたんです。
セルフ白髪染めの初心者さんであれば、薬剤を購入した際についてくる使用説明書やHPにある使い方動画などを参考に、イメージトレーニングしてからはじめましょう。
何回か繰り返すうちに、こつや加減がつかめ、サロンでそめたようなきれいな仕上がりになるでしょう。

Copyright(C)2016 www.justafricanamerican.net All Rights Reserved.